HOME運営会社概要広告会社の選び方目的から探す手法から探す成功事例アフターフォロースタッフ紹介
HOME > ソーシャルメディア[フェイスブック・ツイッター・ブログ]など次々に登場するNEWメディアの活用法!

ソーシャルメディア[フェイスブック・ツイッター・ブログ]など次々に登場するNEWメディアの活用法!   - 新しいのメディアの選び方・使い方

「フェイスブックってどうですか?」
最近よく聞かれる質問です。
また、「ブログはもう古いんじゃない・・だれも読まないし・・・、ましてメルマガなんて送ってもね〜」

ともよく言われます。

さらには「お金を掛けて、チラシやDM作って送って集客したり、テレビや新聞に高額の広告費を使わなくても無料で使えるソーシャルがあれば十分では?」
斯様な意見も耳にします。

私なりの持論ですが、「フェイスブックは最適で、ブログはもう古い」ということはないと思います。「ツイッターVSフェイスブック」という対立軸もないと思います。

対立ではなく、相互にサポートし合う関係

切り捨てではなく共存。

中期的に考えて、話題のソーシャルメディアは「フェイスブック」「ツイッター」「ブログ」をセットで考えるべきで優越をつけるべきではありません。それを行うと、次々に台頭してくる新しいメディアに都度都度のりかえなくていけません。

また、ソーシャルは無料、マスメディアは高額だから前者に切り替えという判断も早計かと思います。マスメディアとソーシャルもまた、対立軸ではなく共存し、互いに繁栄のサポートをし合う相互扶助の関係にあります。

電通はソーシャルメディアに関与が深い消費者の行動モデルとして、「SIPS」という概念を提唱しています。そのなかでは「マスメディアは、ソーシャルメディア時代、いまよりももっと力を強めると考えている。ソーシャルメディアとマスメディアは対抗軸ではなく相乗効果で高め合うものと考えている」と言及しています。

これからのコミュニケーションで肝心なのは、「入り口を増やすこと」と「姿勢を積極的に発信しすること」ではないでしょうか?

発信するべきは共感。

「入り口を増やすこと」とは、WEBサイトへの誘導をコンバージョンとするならば、その入り口として、ソーシャルメディアやマスメディアが担うべきでソーシャルの場合は、さらにフェイスブックやブログ、メルマガなどに細分化していくという考え方です。WEBの世界には、ポストクリックという指標があります。消費者が高いレベルで成熟化した現代において「あれをやったら、こうくる」というほど単純ではなくなってきています。

「姿勢を積極的に発信する」とは、これからの消費者の行動において「共感」が大きなファクター占めるという考えに基づいています。
人口減・高齢化などのマイナス要因を鑑みても各業界に於いて需要の減退は避けて通れないと考えられます。

しかし、需要がゼロになるのではありません。かならず何某かの需要・ニーズは存在します。
我々を選んで頂くには、「共感」して頂く事が重要で、その姿勢・ポリシー・理念を積極的に発信する必要があります。

ソーシャルメディアはまさにうってつけのメディアです。

ご相談はこちらから!
ノウハウコンテンツ一覧
オススメの商品・サポート

マス広告

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌を駆使し、ターゲット層を絞った広告掲載が可能です。

マス広告一覧はコチラ

交通広告

いつも目に入る車内広告や駅構内のメディア利用で多くの人にアピールできます。

交通広告一覧はコチラ

サイン&ディスプレイ

大型看板からカッティングシートまでスペースと目的に応じたツールをご提案。

サイン&ディスプレイ一覧はコチラ

WEBサイト制作・運営

WEBサイトの構築、それに関わるドメイン取得、メールマガジン配信サポートなど全面サポートいたします。

WEBサイト制作・運営一覧はコチラ


無料進呈・無料サービスご利用ください。メルマガを購読することで、お得がたくさん!
WEB・チラシ・店舗の無料診断実施中!!
WEBで100項目以上、チラシで60項目にも及ぶチェック項目から現状を客観的に分析します。
無料プレゼント 札幌マーケティング事典 総ページ145 詳細はコチラをクリック!!
無料プレゼント 「プロモーションのヒントが満載!!」販促立案に役立つレポート プロモーション3.0大公開!! お申込みはコチラをクリック