広告会社の選び方のポイント

これだけは知らないといけない広告会社を選ぶときの四つの心構え

  • 一、安いからといって飛びつかない

    単価の安い会社にはそれなりの理由があります。相場よりも安いということは、どうしても仕事が欲しくてどこかで無理をしていたりします。
    広告会社から予想以上に安い提案が出てきた場合には、なぜそんなに値段が安いのかを調べる余裕が欲しいです。

  • 二、自社の「強み」を説明できない会社は信用しない

    「あなたの会社の強みは何ですか?」と聞くとほとんどの会社が「デザイン力」又は、「企画力」と答えるでしょう。デザイン力・企画力とひとくちに言っても様々なことを意味しています。それに人それぞれ、デザインの好みは異なります。
    自社の強みを明確に答える事のできる広告会社というのは、それだけ自社のことを理解していて、自分達が何をすれば最高のパフォーマンスを生み出す事が出来るのかをきちんと考えている会社です。

  • 三、結果に対して妥協しない

    広告で最も大事なのは広告効果です。
    デザイン性や企画の斬新さばかりを追い求めて、肝心の広告効果を見ていない企業が増えています。
    デザイン性や企画の斬新さが高いからといって、広告効果が高くなるとは限りません。しかし、販売促進にとって広告効果は命です。どんなに難しいテーマであっても、色々な切り口から検証し、確実に成功する販促企画を立てる必要があります。

  • 四、社員のモチベーションの高さを逃さない

    人の能力というものはモチベーションによって大きく左右されます。
    モチベーションの高い組織は、個人の能力以上の力を組織として発揮することができます。

もっと詳細を知りたい!!という方は、
下の『販促立案に役立つレポート プロモーション3.0』をご請求ください。