第74号-[コラム] 韓国の国家戦略

★☆……‥‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥☆★

  [伸びる樹木が如く]
  役に立つ身近な販売促進・マーケティング情報マガジン
                  ー 2012.02.02 第74号 ー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

〈index〉

1.[コ ラ ム]   韓国の国家戦略
2.[レポート]   プロフィットのピラミッド
3.[ご 案 内]   日中観光振興セミナー in 北海道 開催!!
4.[ブ ロ グ]   発展途上会社の社長ブログ&スタッフブログ
5.[編集後記]   月刊誌「致知」バックナンバー -Vol.5 

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    [コ ラ ム] 韓国の国家戦略
 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

ニッポン経済は息切れ状態が続いていますが、お隣韓国は絶好調!
と、羨ましい限りです。

好調の要因として、明確な4つの国家戦略があるといわれています。

・多極的FTA
・為替介入(ウォン安誘導)
・低法人税(20%)
・低電力料金

残念ながら今の日本は正反対。

消費税
年金
少子高齢化
沖縄の基地
復興
原発

難問山積みにもかかわらず、

政府は相も変わらず政局に明け暮れて、
相手のミスを見つけては、こぞって足の引っ張り合い

やれやれ・・・

結局そういう政治を選んでしまった、国民の責任ということでしょ
うか。

おっと、政治ネタは極力回避の方針でした・・・

韓国のように明確な国家戦略を立てられない現状でも、私達は生き
て行かねばなりません。

我々広告会社の人間にも出来る事が沢山あると思います。

当たり前ですが、成果・結果に執着して、徹底的にマーケティング
提案をしていく事で、お役に立てられるとおもいます。

業種毎に、会社毎に、個人レベルで、
自分の出来る事を追求して、徹底して行動していければ、活路もあ
るのではないでしょうか?

もっと、もっと、自らを鍛える必要がありそうです。

そして、皆様の会社の
「マーケティング部長」になれますことを目指して頑張ります!!

 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    [レポート] プロフィットのピラミッド
 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

これまで、様々な企業を紹介させて頂きました。
(それぞれのバックナンバーもお知らせします)

キーエンス
https://w.bme.jp/bm/p/aa/fw.php?i=escom&c=24&n=1

ローム
https://w.bme.jp/bm/p/aa/fw.php?i=escom&c=25&n=1

ファナック
https://w.bme.jp/bm/p/aa/fw.php?i=escom&c=26&n=1

シマノ
https://w.bme.jp/bm/p/aa/fw.php?i=escom&c=27&n=1

マブチモーター
https://w.bme.jp/bm/p/aa/fw.php?i=escom&c=28&n=1

ヒロセ電気
https://w.bme.jp/bm/p/aa/fw.php?i=escom&c=29&n=1

各社の共通点は、顧客に対し高い価値を提供すること重要視し、一
方で、他社との競合を避ける工夫をしており、それらの活動の結果
高い利益率を実現しています。

この、

1.顧客提供価値を最大化する
2.競争を回避する

という二つの中核コンセプトと、高い利益率を実現する為にさらに
2つの要素

3.自社の価値最大化のための、自社能力設計

4.高利益率追求の強い姿勢

この「3」「4」を加えた4つ要素が四角錐となり、最終的に高収
益を実現出来ると言います。

それでは、来週から個別の要素に関してもう少し深く掘り下げてみ
ます。

 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    [ ご 案 内] 日中観光振興セミナー in 北海道 開催!!
 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

::::::::::::☆……………………………………………………………………………………

「2012年日中国交正常化40周年記念事業」
日中観光振興セミナー in 北海道

3月9日(金)13:30〜16:00 (開場13:00〜)
……………………………………………………………………………………☆::::::::::::

北海道にとって、観光復活は経済活性化の即効薬となります。
なかでも、内需拡大も見込めるのある中国からの観光客復活が待望
されているのは承知の所です。

国を初めとする公的機関が、様々な観光施策を展開して効果を上げ
つつある今、関連するすべての事業者と、地域の観光振興を担う各
々が、如何にお迎えの体制を整えて、満足度の高いサービスを提供
し続けていけるかが、持続的な観光振興において重要です。

本講演会は、中国国家旅遊局 東京首席代表の張 西龍氏と、家電販
売の最前線で、ずば抜けた経験とノウハウをお持ちのヨドバシカメ
ラ取締役本部長の吉澤氏の両氏を北海道にお迎えして、最新のマー
ケティング情報を学び、観光を通じて地域の発展に寄与したいとい
う想いを込めて企画いたしました。

お話しを聞く事は勿論ですが、ぜひこの機会に張首席代表に、我々
北海道の熱い想いを伝える機会にもして頂ければと思います。

☆ーーーーーー記

・日 時:2012年3月9日(金) 13:30~16:00 (開場13:00〜)

・場 所:札幌市中央区北1条西2丁目 
北海道経済センター8階 札幌商工会議所 Aホール

・講 師:
 第一部〜 吉澤 勉氏
     株式会社ヨドバシカメラ グッドコミュニケーション本部 
     取締役本部長
    中国訪日需要喚起に関する勉強会「一衣帯水友好会」座長
VISIT JAPAN大使 
 第二部〜張 西龍氏  
     中国国家旅遊局 東京首席代表

・参加費:無料

・定 員:100名様〜

・主 催:中国訪日需要喚起に関する勉強会「一衣帯水友好会」※

・後 援:外務省、国土交通省北海道運輸局、北海道、
     (社)北海道観光振興機構、北海道大学観光学高等研究センター、
     札幌商工会議所、JR北海道、北洋銀行

・企 画:株式会社エスコム

・申 込:下記WEBサイトよりお申し込みください。
     (定員になり次第締め切らせて頂きます)

::::::::::::☆ セミナー公式サイト ☆::::::::::::

https://w.bme.jp/bm/p/aa/fw.php?i=escom&c=19&n=1027

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

※「一衣帯水友好会」についてはこちらをご覧ください。

https://w.bme.jp/bm/p/aa/fw.php?i=escom&c=20&n=1

※内容は若干変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆

皆様のご参加をお待ちしております!!

 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    [ブ ロ グ] 発展途上会社の社長ブログ
 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

長井 伸樹の [ 発展途上会社のブログ ] 〜毎月30回更新中!!〜

https://w.bme.jp/bm/p/aa/fw.php?i=escom&c=7&n=1027

 ▼ 2012.02.02 同業種で共存という選択肢
https://w.bme.jp/bm/p/aa/fw.php?i=escom&c=21&n=1

 ▼ 2012.01.31 エスコム広報誌
https://w.bme.jp/bm/p/aa/fw.php?i=escom&c=22&n=1

 ▼ 2012.01.29 プロスポーツ球団の経営
https://w.bme.jp/bm/p/aa/fw.php?i=escom&c=23&n=1

☆:::::…長井伸樹のツイッター

https://w.bme.jp/bm/p/aa/fw.php?i=escom&c=6&n=1027

☆:::::…長井伸樹のフェイスブック

https://w.bme.jp/bm/p/aa/fw.php?i=escom&c=5&n=1027

 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    [編集後記] 月刊誌「致知」バックナンバー -Vol.5  
 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

毎月の第1週は、人間学を学ぶ雑誌「致知」のバックナンバー特集
記事から抜粋して、素敵な教えの数々をご紹介して参ります。

2011年2月号〜特集「立志照隅」

「立志照隅」(りっししょうぐう)

志を立て、自分のいる場所を照らす。
言い換えて、「その場にいなくてはならぬ人になる」ということ。

哲学者の森信三先生は、自らの著書「修身教授録」でこう教えてい
る。

「人間が志を立てるということは、いわばローソクに火を点ずるよ
うなものです。ローソクは、火を点けられて初めて光を放つもので
す。同様にまた人間は、その志を立てて初めてその人の真価が現れ
るのです。志を立てない人間というものは、いかに才能のある人で
も、結局は酔生夢死(すいせいむし)の徒に過ぎない」

野心と志の違いについてはこう説く。

「野心とか大望というものは畢竟(ひっきょう)するに自己中心の
ものです。すなわち自分の名を高め、自己の位置を獲得することが、
その根本動機となっている。ところが真の志とは、この二度とない
人生をどのように生きたら誠にこの世に生まれてきた甲斐があるか
ということを考えて、心中に常に忘れぬということでしょう。
結局、世のため人ためにという所がなくては真の意味で志とはいい
がたい」

本を読んで感心したり、人から話を聞いてその時だけ感激しても、
すぐに忘れるようでは真の志ではない、ともいう。

自分という場を照らす、それがそのまま周囲を照らす光になる。

以上、人間学を学ぶ月刊誌「致知」の記事より抜粋です。

果たして、我が身は
自らを照らし、そのまま周囲をも照らす光になれるでしょうか・・

まだまだ、これからです。

今週も沢山のメールマガジンがある中、
[伸びる樹木が如く]

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

本メールマガジンの記事について無断転載はご遠慮ください。
Copyright(C)2012 Copyright escom all right reserved.



メールマガジンを購読する