第236号-[レポート] ダイレクトマーケティングのキングから学ぶ-3

★☆……‥‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥☆★

  [伸びる樹木が如く]                        
  役に立つ身近な販売促進・マーケティング情報マガジン
ー 2015.04.02 第236号 ー 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

〈index〉

1.[ レポート ]  ダイレクトマーケティングのキングから学ぶ-3
2.[ お知らせ-1 ]  ホームページの更新・運営
3.[   S N S  ]  ブログ・Facebookのお知らせ
4.[ コ ラ ム ]  月刊誌「致知」バックナンバー -Vol.40  

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
   [ レポート ] ダイレクトマーケティングのキングから学ぶ-3  
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

『ダン・ケネディから学ぶ「稼ぐ社長の」の作り方』(集英社)
から学び&書評。

==マーケティングのシステムを作れ

毎月、売上がどうなるかは運次第。広告を出すときはイチかバチか。
そんなことでは体が休まらないし、そんな事では将来の施策や投資
もできない。

一方、いつどのくらいの仕事や注文が入るかが予測出来るシステム
があれば、例えばマーケティングに100万円投資して、翌月には
1,000万円の売上があるとわかれば、安心です。

これがマーケティング・システムです。

さらには、「資料請求から○日後には、このDMを送る」など
誰でもできるよう、業務を単純化することが出来るれば、プロセス
をほぼ自動化できる。

〜最初に無料の小冊子を配る
〜見込みリストを集める
〜そのリストへDMを送る
〜無料相談に繋げる

こうした一連の流れを自動化する。

=ダイレクトマーケティングは関連性ビジネス

顧客がリピートしない理由の一位は、

その会社で買ったことを忘れている。

ということです。

皆さんは、先月始めて行った飲食店などの事を、どれくらい覚えて
いますか?

顧客との関係を維持するには、最低1回/月、顧客へのコミュニケー
ションを考えるべきで、例えばニュースレターなどは有効。

多くの会社が既存顧客を疎かにする傾向がある・・・

=リッチはニッチにあり

マーケティングにおいて「何でも出来る」は「何もできない」と
一緒です。

我々のビジネスが、「総合百貨店」のようになってはいけません。
専門化(ニッチ化)することです。
成功の鍵は、正しいマーケットにむけて、正しいメッセージを正し
いメディアに乗せて送ること。

「メッセージとマーケットの一致」を図ること。

本日、友人と「マーケティング実践会」を作りました。

メンバーは、友人と私の二人です(笑)。

目的は、互いがチェック機能を果たし、一つずつ消化して行くこと。

楽しみです。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  [ お知らせ-1 ]  ホームページの更新・運営
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

ホームページの更新で、課題をお抱えの方は多いようです。

   
        「更新が出来ない」

とお悩みではありませんか?

HPを制作する会社の中には、更新のサービス自体を行っていない
場合もございます。

当社では、運営(更新・管理)を承っているお客様には比較的ご満
足頂けるレベルの迅速さを持った対応を心掛けてサービスを提供し
ています。

金額もリースナブルだと思います。

ホームページの更新で、現状なんらかの課題をお持ちのお客様へ

どうぞ何なりと相談してください。

 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
   [ S N S ]  ブログ・Facebookのお知らせ
 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

☆:::::…長井 伸樹のブログ  

[ 発展途上会社の社長日記 ] 伸びる樹木が如く

http://c.bme.jp/38/245/1330/1558

 ▼ 2015.04.02 凄い広告代理店
http://c.bme.jp/38/245/1331/1558

 ▼ 2015.03.29 マジ 大 勘違い・・
http://c.bme.jp/38/245/1332/1558

 ▼ 2015.03.28 動画のチカラ
http://c.bme.jp/38/245/1333/1558

★:::::…長井 伸樹のフェイスブック

http://c.bme.jp/38/245/1334/1558

〜「友達リクエスト」お待ちしております!

 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    [コ ラ ム ]  月刊誌「致知」バックナンバー -Vol.40   
 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

毎月の第1週は、人間学を学ぶ雑誌「致知」のバックナンバー特集です!
特集記事から抜粋して、素晴らしい教えの数々をご紹介しています。

今週は2014年4月号から、特集「少年老い易く学なり難し」です。

「少年老い易く学なり難し」

少年老い易く学なり難し 一寸の光陰軽んずべからず
未だ覚めず地塘春草(ちとうしゅんそう)の夢 階前の梧葉己(ご
ようすで)に秋声

「年をとるのは早いが、理想を成就するのは難しい。わずかな時も
無駄にしてはならない。石段の脇に繁るアオギリの葉が秋の訪れで
いつしか色づいているように、自分自身が人生の秋とも言うべき初
老の時期に差し掛かってしまった。少年時代を楽しむうち、早くも
老境は迫ってくる」

大儒者 朱熹(しゅうき)の有名な詩で、題は「偶成」。

歴史をたどってみると、一寸の光陰を惜しんで学んだ多くの先達が
いる。

福沢諭吉は、緒方洪庵の適塾での修業で、布団を敷き夜具をかけて
枕をして寝たことがなかった。寝るときは机に寄りかかるか、床の
間を枕にするくらい。それほどに勉強をした。

勝海舟もしかり
「夏夜かや無く、冬夜布団無く ただ日夜机によって眠る」

「貧・骨に至り」と表現するような極貧の中で、日夜勉強した。

そのような環境下、オランダ語の習得に励んだ。
辞書は高価で買えず、借り受けた辞書を、一年かけて二部写し取り
一部は自分用、もう一部は売って金に換えた。

こうした先人達は、若年期だけではなく、生涯を学ばんとする姿勢
を貫いた。

人生は生涯をかけて自分を完成させていく修養の道程。

いや、足下にも及ばないどころの話ではありません・・・

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

[伸びる樹木が如く]  

次週もよろしくお願い申し上げます。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

本メールマガジンの記事について無断転載はご遠慮ください。
Copyright (C)2015 Copyright escom all right reserved.



メールマガジンを購読する