第224号-[新年ご挨拶] 新年のご挨拶

★☆……‥‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥☆★

  [伸びる樹木が如く]                        
  役に立つ身近な販売促進・マーケティング情報マガジン
ー 2015.01.08 第224号 ー 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

〈index〉

1.[ 新年ご挨拶 ]  新年のご挨拶
2.[  目 標 ]   これを遂げたい!
3.[  S N S  ]    ブログ・Facebookのお知らせ
4.[コ ラ ム ]   月刊誌「致知」バックナンバー -Vol.37

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 [ 新年のご挨拶 ]  
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

明けましておめでとうございます。
つつがなく新年を迎えられた事とお慶び申し上げます。

そして、すでにビジネスモードへ切り替わって、早速に忙しい日々
をお過ごしの事と存じます。

さて、私事で恐縮ですが、今年間もなく満50歳を迎えます。
そして弊社も、創業から19年目を迎え、来年2016年の1月には、お
陰様で創業20年を迎える事が出来ます。

これもひとえに皆々様のご厚情の賜心と、心から感謝と御礼を申し
上げます。
ありがとうございました。

あと10年間、自分なりに精一杯「前進あるのみ」の人生を送りたい
と考えております。

今年も一年間、変わらぬご指導・ご鞭撻、そしてご愛顧を賜りたく
何卒よろしくお願い申し上げます。

末筆になりましたが、皆様におかれましても、ご健勝で夢溢れる一
年であります事をご祈念申し上げ、ご挨拶とさせて頂きます。

                      株式会社エスコム
                   代表取締役 長井 伸樹

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 [ 目 標 ]  これを遂げたい!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

今後10年間、夢を持って、挑戦者でありたいと思います。

「何に挑戦するのですか?」

はい、

僕はこれをやりたいです!!

1.Hokkai-Do WEBサイト をベースにした 北海道観光に
  プラスアルファの魅力を再構築する。

  www.hokkai-do.jp

12月26日付けの北海道新聞でも紹介されました。
  次の一手も、しっかりとイメージ出来ています!!
  今年、絶対実現します!

  新聞記事はコチラ ↓ ↓ ↓
http://c.bme.jp/38/245/1150/1558
 
2.就活事業
  中小企業と新卒学生を結びつける手段を「全く新しい概念」で
  ビジネスとして実現したいのです・・・

  「でも、長井さん アイデアは良いけど、どうやってお金に換
   えるの?」

  とある方からご指摘を受け、全く仰る通りなのですが、
  創意と工夫で越えて見せます!

3.終活事業
  二人の個性的な友人と三人で作戦会議中です!
  実現すれば多分日本初(=世界初)のビジネスです!

  人生の終わりの活動に暗さは不要!
  もっとオシャレに考えます。
  
 
4.北海道の海産を世界へ広める事業
  先の2つのアイデアとは違い、市場はすでに成長期真っ只中!
  多くの方がこの分野での成功を目指していらっしゃいますが、
  我々は、まずは「活ホタテの輸出」という分野で日本一を目指し
  ます!

最後に、

私はこれまで、25年間「広告人」として生きてきました・・
残り10年間、自分のこれまでの経験をお客様の為にお役に立てて参
りたいと思います。

お客様のパートナーとして認めて頂ける存在を目指します。

以上 ありがとうございました。

 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
   [ S N S ]  ブログ・Facebookのお知らせ
 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

☆:::::…長井 伸樹のブログ  〜毎月約30回更新中!!〜

[ 発展途上会社の社長日記 ] 伸びる樹木が如く

http://c.bme.jp/38/245/1151/1558

 ▼ 2014.12.18 販促ツール
http://c.bme.jp/38/245/1152/1558

 ▼ 2014.12.05 動画コンテンツ
http://c.bme.jp/38/245/1153/1558

 ▼ 2014.11.26 恐るべし商魂
http://c.bme.jp/38/245/1154/1558

★:::::…長井 伸樹のフェイスブック

http://c.bme.jp/38/245/1155/1558

〜「友達リクエスト」お待ちしております!

 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    [コ ラ ム ]  月刊誌「致知」バックナンバー -Vol.37  
 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

毎月の第1週は、人間学を学ぶ雑誌「致知」のバックナンバー特集です!
特集記事から抜粋して、素晴らしい教えの数々をご紹介しています。

今週は2014年1月号から、特集「君子、時中す」です。

「君子、時中す」

「君子はよく時中す」とは、東洋古典の「中庸(ちゅうよう)にあ
る言葉。

立派なリーダーはその時その場に相応しい手を打ち、あらゆる矛盾、
相剋(そうこく)を克服してどこまでも進歩向上していく。

これが「君子、時中す」の意味であり、「時中」はリーダーに求めら
れるもっとも重要な資質といえる。

その意味で明治天皇に逸話が紹介されています。

明治19年10月29日、東京帝国大学に行幸、授業をつぶさに見学され
た後、侍講・元田永孚(もとだながざね)を召されて次のように
仰せられたそう。

「先日大学の授業を巡視したが、理科や医科などは目覚ましく進歩
しているが、もっとも大事にしなければいけない修身の学科はこれ
といったものが見られない」

と憂慮された。

「大学は日本教育の最高学府、優れた人材を育成する所であるが、
いまのような学科を教えているだけでは、専門に優れた人材は育つ
だろうが、国家の相となるようなリーダーを得ることはできない」

西洋文明が怒濤のように押し寄せ、技術文明に遅れてはならじと、
日本中が浮き足立っていたこの時に、明治天皇だけは、時流に流さ
れず、何が重要かを知悉(ちしつ)していた。

すなわち、時中されていた。

因みに「教育勅語」は、元田永孚が井上毅(いのうえこわし)と協
力し、明治23年10月30日に発布されたそう。

いかがでしょうか?

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

本年も [伸びる樹木が如く]  よろしくお願い申し上げます。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

本メールマガジンの記事について無断転載はご遠慮ください。
Copyright (C)2015 Copyright escom all right reserved.



メールマガジンを購読する