第194号-[レポート] 脳科学マーケティング-6

★☆……‥‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥☆★

  [伸びる樹木が如く]                        
  役に立つ身近な販売促進・マーケティング情報マガジン
ー 2014.06.05 第194号 ー 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

〈index〉

1.[ レ ポ ー ト ]   脳科学マーケティング-6
2.[  P   R ]   HBCテレビ番組「北のビジネス最前線」
3.[  S N S  ]    ブログ・Facebookのお知らせ
4.[コ ラ ム ]   月刊誌「致知」バックナンバー -Vol.30
 

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 [ レ ポ ー ト ]  脳科学マーケティング-6
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

脳科学と神経科学の研究成果が明らかにした、世界の市場で効果実
証済みの「販売の科学」

=知らない間に買っている「欲しい」が生まれるメカニズム=
   ロジャー・ドゥーリー著
   脳科学マーケティング100の心理技術 より

[ Ch-6 顧客の脳の信頼を勝ち取る ]

〜「もしも買わなかったら」と問いかける

ビジネスに於いて忠誠心は必需品。

経営者は従業員に忠誠心を求め、マーケティングに忠実な顧客を求
める。

この忠誠心は長い時間をかけて獲得するのが普通であるが、割と簡
単な方法で高められる。

アメリカの大学の研究者達はある実験を行った。

まず、被験者達にアメリカがどのように誕生したかを振り返っても
らう。

その上で、半分の被験者にアメリカが誕生していなかったらどのよ
うになっていたかを考えてもらう。
=反事実的思想

もう半分の被験者にはアメリカが誕生した事で、世の中がどのよう
になったかを考えてもらう。
=事実的思想

このグループを比較した結果、

反事実的思想をしてもらった被験者のほうが、アメリカに対してよ
り高い愛国心を示した。

もし、会社があの時潰れていたら・・・

こんな振り返り・想像でも会社に対して前向きになるという。

このように

事実に反するシナリオを活用し、忠誠心を高められる。

もちろん活用には慎重・・
一歩間違えば逆効果です。

〜優良顧客には特典をつける

食べ物を求めて迷路を走るネズミは、食べ物に近づくほどに走る速
度があがる。

人も
目標へ近づけば近づくほど、そこにたどり着くための努力を払うよ
うになる。

その仕組みを応用し、

「より有利なスタートを切らせる」

10個押しのスタンプカードを配る

12個押しのスタンプカードに2個のスタンプを押してを配る

どちらも10個のスタンプを押す必要があるが、顧客に幸先の良い
スタートが切れたと思わせてあげた方がより効果的。

航空会社のマイレージプログラムとロイヤリティプログラムはその
典型。

マイレージ会員入会特典として、000マイルプレゼント!

搭乗回数やマイル数が多ければ多いほど、より高いステータスが与
えられる。

〜キラーフレーズを持つ

ある自動車整備会社の広告で、

「お任せください。私達がお役に立ちます」

というフレーズをつかったところ、

会社の評価で、

・適正価格:7%アップ
・気づかい:11%アップ
・公平な対応:20%アップ
・品質:30%アップ

という結果を得られたそう。

これで良いなら
明日からでも、使いたくなりますね・・・

最後に

〜商品を無料でお試ししてもらう

顧客に信頼してもらうためには、まず信頼を示す。

「我々はあなたを信頼しています」

とはっきり示すこと。

具体的には

・あまり制約をつけずに商品の貸し出し/試用をさせる
・長ったらしい書類の記入、面倒な審査なしで取引を開始する
・守秘義務契約書にサインする事なしに顧客を社内情報を共有する。

もちろん目立たない形で信用調査はするのも望ましいが・・

いかがでしょうか?

見覚えのあることばかりでしたね・・・

 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    [ P R -1 ] HBCテレビ番組「北のビジネス最前線」
 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

毎週 日曜日の朝6:30から、HBC(北海道放送、TBS系列)制作によ
る番組「北のビジネス最前線」はご存じでしょうか?

北海道で活躍の企業や各法人にスポットを当てて、その素晴らしい
取り組みやビジネスを紹介する15分番組です。

この番組、なかなかの素晴らしい企画だと思います。

北海道にも魅力的な中小企業が沢山あり、それぞれとても素晴らし
い事業展開をされており、成長を維持されておられます。

ただ、そうした企業の皆様も、広報する事に関しては若干意識が弱
かった、または最適な手段が見当たらなかった・・・

のかもしれません。

その点、早朝の時間とは言え、15分丸まる自社の広報に活用できる
この番組は貴重なメディアです。

実際に僕がテレビを見て、そのビジネスと理念に感動した企業様も
あります。

皆様の素晴らしい事業内容を、テレビを通じてしっかりと外に発信
しては如何でしょうか?

番組は下記公式YouTubeでもご覧頂けます。
↓ ↓ ↓

http://c.bme.jp/38/245/790/1558

札幌マタニティ・ウイメンズホスピタル様は弊社が携わらせて頂き
ました。

ありがとうございました。

ご興味がございましたら、どうぞお気軽にお声がけください。

==お問い合わせ==

TEL:011-799-0882

平日9:30〜

==========

 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
   [ S N S ]  ブログ・Facebookのお知らせ
 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

☆:::::…長井 伸樹のブログ  

[ 発展途上会社の社長日記 ] 伸びる樹木が如く 

http://c.bme.jp/38/245/791/1558

 ▼ 2014.05.30 「社長の仕事」〜復習_[社長の自戒] 
http://c.bme.jp/38/245/792/1558

 ▼ 2014.05.16 「社長の仕事」〜復習_[社長の自戒] 4.90点の誘惑
http://c.bme.jp/38/245/793/1558

 ▼ 2014.05.12 「社長の仕事」〜復習_3.素直さという強さ
http://c.bme.jp/38/245/794/1558

★:::::…長井 伸樹のフェイスブック

http://c.bme.jp/38/245/795/1558

〜「友達リクエスト」お待ちしております!

 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    [コ ラ ム ]  月刊誌「致知」バックナンバー -Vol.30  
 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

毎月の第1週は、人間学を学ぶ雑誌「致知」のバックナンバー特集です!
特集記事から抜粋して、素晴らしい教えの数々をご紹介しています。

今週は2013年6月号から、特集「一灯照隅」です。

「一灯照隅」

一灯照隅とは自分のいる場所を照らすということ。

「人は皆、一人一人が自分のいる場所を照らして生きねばならぬ」

とは、陽明学者・思想家の安岡正篤氏の教え。

「一灯照隅」を突き詰めていくと2つの局面がある。

1つは、自分の周りを自分がいることによって照らす。

もう1つは
「自分自身という場」を照らす。

そもそも自分とは何か?

自分の体を自分で作ったものなど一つもない。
すべて、天地宇宙から与えられたもの。
言い換えれば借りたものである。

心もまた然り。

借りたものはいずれ返さなければならない。

ならば天地宇宙から借りている自分という場をまず照らさなければ
ならない。
自分という場を照らさずして、自分のいる場を照らすことはできな
い。

では、どうすれば自分という場を照らすにはどうすればよいか。

その道しるべとして、ふたつの漢字が示している。

一つ
「主」

「、」は炎 「王」は台座を表している。
いまいる場で燃えて生きる、燃えて生きれば自ずと周囲を照らす。

それが、自分の人生を自分が主人として生きるということになる。

二つ
「孝」

この字は、子が幼いときは親が子を抱いて、親が老いれば子が親を
背負うところからきている。

孝は親孝行のことだけではなく、老人と若者、先輩と後輩が連続統
一してしていくこと。

ここに生命の発展はある。

まずは自分を照らす。
それによって、自分の周りを照らす。

まだまだ
相当に頑張る必要がある・・・
と言わざるを得ない今の我が生き様です。

北海道は昨日までの数日間、記録的な暑さとなりました。

冷夏予想の今夏にあって、

「これが今年最後の真夏日かも」

なんて、誰かが言っておりました・・・

当たらないことを願っております。

 [伸びる樹木が如く]  

最後までお読み頂きありがとうございました。

よい週末をお迎えください。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

本メールマガジンの記事について無断転載はご遠慮ください。
Copyright (C)2014 Copyright escom all right reserved.



メールマガジンを購読する