第165号-[レポート]Google営業!? その3

★☆……‥‥━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥☆★

  [伸びる樹木が如く]                        
  役に立つ身近な販売促進・マーケティング情報マガジン
ー 2013.11.07 第165号 ー 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

〈index〉

1.[ レ ポ ー ト ]   Google営業!? その3
2.[  P   R ]   1. ニッポンで一番解りやすい・・
           2. パッケージ型ホームページ制作
3.[  S N S  ]    ブログ・Facebookのお知らせ
4.[コ ラ ム ]   月刊誌「致知」バックナンバー -Vol.23

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 [ レ ポ ー ト ]  Google営業!? その3
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

WEBで集客をはかるとき、せっかくサイトを作成しても、さっぱり
アクセスが上がらない。

そこで、「SEO」対策ってどうすれば良いですか?
と聞かれる場合がよくございます。

WEBに精通している方ならいざ知らず、一般的にはSEOという言葉
が先行して、簡単にSEOがなされ、検索上位に表示され、訪問者が
増えると考えられがちです。

ですが、ユーザーがどのような検索ワードを使って目的の情報を得
ようとしているか?
その目的を叶える情報提供を自社のサイトでなされているか?

この二つをちゃんと把握しておられるケースは少ないです。
ちゃんと把握はできなくとも、大枠のイメージは必要で、最低限そ
こは押さえておきたいです。

サイトを新しく作るよりもその前に、現状の把握と今後の目的と目
標を明確にすべきです。

WEBマーケティングを始めるにあたっての最初の重要事項は「キー
ワード」です。

ですが、確固たるデータがない上に、想定したキーワードでSEO
を実施するのは少々冒険です。

最初は、リスティング広告などを行い、自社の集客に効果的なキー
ワードを発見する方法も宜しいとおもいます。

こうしたやり方はまさに正論ですが、皆がこうした手法を採れるか
否かの現実問題はございます。
費用面、人員面、などは当然着いて回る壁です。

我々自身がそうであります。

この壁を越える一つのアイデアが、「運営要員のシェアリング」で
す。

じつはとっておきのアイデアではあるのですが・・・

さておいて、

WEBで集客するには

1,自社の強みを明確に〜自社分析(company)
2,競合他社を探る〜競合分析(competitor)
3.顧客のニーズを知る〜顧客分析(customer)

以上3Cとも呼ばれています。

自社の強み、USPなどとも呼ばれますが、この強みを明確にして、
ストレートにアピールします。

競合社の動向も重要です。
ホームページのタイトルなどをチェックして、どのような表示が
されているかをチェックするだけでも、ユーザーのニーズが想像
出来ます。

もちろん、顧客のニーズは重要です。
キーワードツールなどもあり、こうしたツールでニーズを探ってい
く事もできますし、現場の営業の方々の声を集めるのも良い方法で
す。

小職も取得しているWEB解析士というライセンスの有資格者は、こ
うしたマーケティングを行う際の必要な分析と対応プランの立案・
実行を行うためのスキル習得をしています。

それでは、
また来週です、ありがとうございました。

 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    [ P R -1 ] ニッポンで一番解りやすい・・
 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

ニッポンで一番解りやすい、ホームページの解析ソフト「クリック
アナライザー」の取り扱いを始めました。

分析したいサイトのページに「タグを貼る」ことで、閲覧者の行動
(クリック)を、視覚的に確認することが出来ます。

たくさん観られているところは、「点の密度濃くなり」そうでない
ところは「点の密度が薄くなる」という仕組みです。

「クリックされた場所」
「いつクリックされたか?」
「どこまでスクロールされたか?」
「どの画像やテキストがクリックされたか?」

こうしたことも、視覚的に確認できるという優れものです。

もちろん、「クリック率」「離脱率」といった基本指標は数字的に
もしっかりと得ることができます。

月額9,800円からと、利用料金もお得です。

サイトのリニューアルをお考えの場合にも、事前にこうしたソフト
を利用して、現状を知ることで、改善点を論理的に把握することも
可能であり、むしろそうするべきです。

日本一簡単なアクセス解析ソフト「クリックアナライザー」

お問い合わせは

=メール
株式会社エスコム→ info@escom.bz

=お電話
株式会社エスコム→ 011-799-0882

 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    [ P R-2 ] パッケージ型ホームページ制作
 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

1,000以上のテンプレートから好みのデザインをお選び頂けて、安
くても高いクオリティを提供出来る、ホームページ制作提供サービ
スを始めます。

5ページ以内のサイトでしたら、初年度のご予算は149,000円
(税込み156,450円)
【制作費、サーバーホスティング費、メール10個を含む】

オプション+6万円(税込み63,000円)で、スマートフォン対応も
可能です。

ホームページがこれからという方、そろそろリニューアルをとご検
討の皆様。
ご予算的に本格的なホームページ作りが難しかった皆様に、ベター
な選択肢です。

スマホサイトのみ、ご希望のお客様は同様に5ページ以内のサイト
で、初年度のご予算149,000円(税込み156,450円)です。

完成したサイトはコチラ・・

ジンギスカン十鉄様
http://juttetsu.jp/

玉越プロスキースクール様
http://www.tamakoshi-ski.jp

 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
   [ S N S ]  ブログ・Facebookのお知らせ
 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

☆:::::…長井 伸樹のブログ  〜毎月約30回更新中!!〜

[ 発展途上会社の社長日記 ] 伸びる樹木が如く 

http://c.bme.jp/38/245/460/1558

 ▼ 2013.11.07 食品偽装問題か・・・
http://c.bme.jp/38/245/461/1558

 ▼ 2013.11.06 大反対! 新幹線札幌延長・・
http://c.bme.jp/38/245/462/1558

 ▼ 2013.11.05 藤巻百貨店
http://c.bme.jp/38/245/463/1558

★:::::…長井 伸樹のフェイスブック

http://c.bme.jp/38/245/464/1558

〜「友達リクエスト」お待ちしております!

 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    [コ ラ ム ]  月刊誌「致知」バックナンバー -Vol.23  
 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

毎月の第1週は、人間学を学ぶ雑誌「致知」のバックナンバー特集です!
特集記事から抜粋して、素晴らしい教えの数々をご紹介しています。

今週は2012年11月号から、特集「一念 道を拓く」です。

「一念 道を拓く」

一念をもって自らの道を拓かれたお二人の生き様が紹介されていま
す。

お一人は、明治の時代に長崎造船所の初代所長となり、日本の造船
業の礎を築かれた天野清三郎氏。

この方は、24歳で天命を悟り、単身英国に密航して、造船学とそれ
に必要な数学や物理学を学び、その後渡米して同様の学問を学び、
帰国したのは31歳の時。

昼間は造船所で働き、夜は夜学で学ぶ。
当然語学の問題も克服せねばならず、並々ならぬ努力が紹介されて
います。

もうお一方は、中村久子さん

3歳の時に、肉が焼け、骨が溶ける難病で両手両足を切断。
7歳で父が死亡、9歳になったとき、それまで舐めるように可愛がっ
ていた母が、突然猛烈な訓練を始める。

手足のない少女に、着物を与え、「ほどいてみよ」「鋏の使い方を
考えよ」「針に糸を通してみよ」と・・・
出来なければ、食事も与えられない。

小刀を口で加え、鉛筆を削る

歯と舌を使い、針に糸を通す

これが出来るようになったのは、12歳の頃。

そして15歳の頃には、羽衣一枚を仕立て上げられるようになった。

ご本人は

「両手両足を切り落とされたこの体こそが、人間としてどう生きる
かを教えてくれた最高最大の先生であった」

と語り、

「人生に絶望なし、いかなる人生にも決して絶望はない」

と断言し教えてくれた。

私は、

「一念岩をも通す」

と言う言葉を、銘としておりますが、

自分が恥ずかしくなりそうな、お二人の生き様でした。

忘年会の約束が2本入ってきました・・
11月18日は今年最初の忘年会です!!

これから忙しくなりますね・・・

[伸びる樹木が如く]

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

良い週末をお過ごしください。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

本メールマガジンの記事について無断転載はご遠慮ください。
Copyright(C)2013 Copyright escom all right reserved.



メールマガジンを購読する