第14号-[レポート] 景気後退期における広報宣伝のあり方-2

★——::::::::::———-::::::::::———-::::::::::———-::::::::::———-::::::::::———-::::::::::——★
:::–                                   –:::                                     
:::–  [伸びる樹木が如く]                         –:::
:::–   役に立つ身近な販売促進・マーケティング情報マガジン        –:::
:::–                       ー 2010.11.25 第14号 ー  –::: 
:::– –:::
★——::::::::::———-::::::::::———-::::::::::———-::::::::::———-::::::::::———-::::::::::——★

〈index〉

1.[コ ラ ム]   ビジネスメールの時短テクニック
2.[レポート]   景気後退期における広報宣伝のあり方-2
3.[ご 案 内]   冊子「プロモーション3.0」発行 !
4.[ブ ロ グ]   発展途上会社の社長ブログ
5.[編集後記]   牛のよだれのように

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    [コ ラ ム] ビジネスメールの時短テクニック
  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

ビジネスメール教育の有限会社アイ・コミュニケーション社が「ビジネスメー
ルの実態調査2010」を発表しました。

先週まで2週に渡ってアンケート結果をレポートしましたが、多くの皆様から
「あれ面白かったね・・」と嬉しいお言葉を頂きましたので、続編をお届けし
ます。

※バックナンバーはコチラから
↓↓↓
http://k.d.combzmail.jp/t/69cu/903ntgy0qgdn462lhi

今回は同社がお勧めしている「ビジネスメールの時短テクニック」です。

メール本文は通常「宛名」「挨拶」「要件」「詳細」「締めの挨拶」「署名」
で構成されていると思いますが、挨拶などは通常いつも同じようなフレーズ
をお使いになると思います。

例えば、冒頭の挨拶が「いつもお世話になっております」締めの挨拶が「よ
ろしくお願いいたします」だとします。

この定型文を、パソコンの単語登録(辞典登録)という機能を使って登録し
ます。

「いつも」という文言に対し、「いつもお世話になっております」という登
録します。

サンプルを少しご覧ください。

「おは」〜「おはようございます」
「おつ」〜「お疲れ様です」
「こんご」〜「今後ともよろしくお願い申し上げます」

という感じです。

更に上級テクニックとして、「@」を活用します。

「@おは」〜「おはようございます」
「@おつ」〜「お疲れ様です」
「@こんご」〜「今後ともよろしくお願い申し上げます」

そうすることで、

「こんご」=「今後ともよろしくお願い申し上げます」ではない文章入力の場
合にも対応できます。

例えば、
「今後の予定でございますが・・・」と打ちたい場合に、「こんご」で登録し
ていると、「今後ともよろしくお願い申し上げます」と変換されますが、「@
こんご」なら、時短テクニックのみに活用できます。

さて、そうすることで得られる具体的な成果を計算してみます。

「いつもお世話になっております」「よろしくお願いいたします」という2つ
の文章を打つのに15秒を要していると仮定します。

これが単語登録で半減し7秒になったとして計算してみます。

「削減される時間8秒」×「20通/日のメールと仮定」×「250日/年間の就労日数」

=4万秒の削減(約11.1時間)となります。

1年間で丸1日分以上の時間を節約出来る計算です。

10人の会社だと10日換算、100人の会社だと、なんと100日の換算になります。

まさに、「ちりも積もれば山となる」ですね。

実際に超大手P社系の企業様では、「残業70万時間削減プロジェクト」の一環
として、「メールダイエット」にも取り組んでおられるそうだ。

本稿は、平野 友朗著「ビジネスメールを武器にする方法40」を参照していま
す。ご興味あるお方はそちらの本もぜひお読みください。

ありがとうございました。

  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    [レポート] 景気後退期における広報宣伝のあり方-2
  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

企業の広告宣伝戦略を研究する東海大学の小泉教授は、インターネットで「景
気後退期における広報宣伝のあり方」というレポートを発表しています。

先週から来週にかけ3週に渡ってのレポート掲載予定ですが、今週は2回目のレ
ポートです。

1回目のレポートは、バックナンバーでご確認できます。
↓↓↓
http://k.d.combzmail.jp/t/69cu/903nugy0qgdn462lhi

11/18_13号をご覧ください。

・2回目のテーマ〜「トップの役割と不況期に有効な広告」

経営トップは、不況期に合わせて広告戦略を再構築すべきと小泉教授。

なぜならば、不況期の広告は売上増を期待するプロモーション広告ではなく、
顧客や社会との絆を深めるようなコミュニケーション広告やリレーション広告
が有効だからと指摘する。

広告戦略やコミュニケーション戦略は、企業のブランディングに大きな役割を
演じているのですから、トップが積極的に関わるべく内容とも進言。

氏曰く、今のような景気後退期においては、消費者は財布の紐を締めており、
「いくら広告を打ってもなかなか売上が伸びない」と嘆くのも無理からぬ。
しかし、だからと言って広告費を減らすのは、広告がもつ販促効果だけに着目
した狭い見方だと指摘。

教授のレポートでは、広告の役割として3つを挙げられている。

1.「プロモーション(販促)としての広告」
2.「コミュニケーションとしての広告」
3.「リレーションとしての広告」

つまり広告には、モノやサービスを売るための短期的な機能に加え、企業価値
やブランド力の向上、さらには社会や消費者からの信頼・共感を得るための中
長期的なコミュニケーションやリレーションシップの機能があるという。

氏は、この3つの役割から広告宣伝をとらえる「広告リレーション理論」を提
唱中だ。企業のマーケティング戦略立案・実行の時には、この3つの役割を念
頭に検討する必要があるという。

企業は不況期の今こそ、

「メッセージ発信力を強め、社会や消費者の信頼・共感を高めることが必要」

という強い提言をされている。

また、面白い「例え」もされている。

「広告は航空機のジェットエンジンだ、乱気流を飛ぶときは回転数を上げる」

飛行機が乱気流に巻き込まれた場合は、機長は機体を安定させる為に、エンジ
ンの回転数を上げるのだそう。
燃料は多く消費しますが、機体は安定する。

この厳しい経営環境下では、中長期的視点から「強い推進力」としての広告戦
略を再構築すべきであると。

「プロモーション(販促)としての広告」には「売る力」がある。

「コミュニケーションとしての広告」には「社会に伝える力」がある。

そして、「リレーションとしての広告」には
今まで作り上げてきた信頼という大切な財産を「守る力」がある。

「広告は単なる経費なのか、将来への投資なのか」

大手飲料メーカA社では、
経営トップが「広告が社員の誇りや意欲の源泉になっている」と理解していて
「広告を減らすと、志気が落ちる」と判断し、景気後退期においても一定以上
の削減は行わないという経営方針だそうです。

大手食品メーカーB社も
経営トップ自らが、広告戦略に関与し現場の声をよく聞いているそうです。

いかがでしょうか?

私自身はあまり高尚なことは申し上げられませんが、広告活動には「主体性」
と「気概」が重要だと思います。

当社はお客様の気概に対して、「創意と工夫」でお応えしたい想いでおりま
す。

ありがとうございました。

※本レポートは、日経新聞社が2009年に行った、小泉眞人東海大学教授への
インタビューとその記事を参照しています。

☆:::::……‥お知らせ……‥:::::☆

エスコムでは、
「WEB」「チラシ」を、より販促効果の高いツールへ改善するための無料診
断を行っております。

手前味噌ですが、お客様からも高い評価を頂いております。

「WEB・チラシ無料診断」

お申し込み・問い合わせ↓↓↓↓

……………………………………‥:::::::::::::::::::::::::☆☆☆

  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    [ ご 案 内 ] 冊子「プロモーション3.0」発行 !
  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

販促企画に役立つレポート「プロモーション3.0」A4版フルカラー32ページ

おかげさまで、大好評です!

本メルマガの先週までの連載記事、
「効果の上がる[マーケティング&プロモーション] レポート」を一冊に纏めた
冊子で、図やデータを交えて、メールではお伝え仕切れない部分もカバーして
います。

・世の中は変わり、お客様も変わった
・業績が伸びている企業は何を大切にしているか?
・差別化の8要素
・不況期におさえておくべき売上の方程式
・不況期のマーケティングの基本

等々、必ずお役に立てると自負しています。

販促企画に役立つレポート「プロモーション3.0」は、無料です。

・・・100冊限定!!・・・

 ☆☆☆:::::::::::::::::::::::::…………………………………………………………‥‥‥

   ご希望の方は、こちらからお申し込みください。 ↓↓↓↓

    

 ……………………………………………………………‥:::::::::::::::::::::::::☆☆☆

WEBサイトからでも申し込み受付中!!

http://k.d.combzmail.jp/t/69cu/903nvgy0qgdn462lhi

お早めにお申し込みください!!

  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    [ブ ロ グ] 発展途上会社の社長ブログ
  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

長井伸樹の[ 発展途上会社のブログ ] 〜毎月30回更新中!!〜

http://k.d.combzmail.jp/t/69cu/903nwgy0qgdn462lhi

 ▼ 2010.11.24 おお〜夢よ!
http://k.d.combzmail.jp/t/69cu/903nxgy0qgdn462lhi
 
 ▼ 2010.11.23 遺伝子のスイッチON
http://k.d.combzmail.jp/t/69cu/903nygy0qgdn462lhi

 ▼ 2010.11.22 羽田空港ラウンジ
http://k.d.combzmail.jp/t/69cu/903nzgy0qgdn462lhi

  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    [編集後記] 牛のよだれのように
  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

「世の中は根気の前に頭を下げることを知っています。火花の前には一瞬の記
憶しか与えてくれません。だから、牛のよだれのようにもっと根気よくやりな
さい」

夏目漱石が弟子の芥川龍之介に言った言葉だそう。

インターネットマーケティングの世界では、やたら横文字が並びます。
「キーワード」「コンバージョン」「セットアップ」「リファラー」「セッシ
ョン」「ユニークユーザー」などなど・・・

ですが一番重要なことは根気です。

毎日毎日根気よく、検証〜分析〜改善することしかありません。

実はこれが出来そうで出来ない。

エスコムは、10月より新しい自社WEBサイト「札幌マーケティング事典 ドット
コム」を開設しました。

人間でいうと、まだ歩くことすら出来ない赤子と一緒です。

只今の所、セッション数約450、直帰率約39%、サイト滞在時間約6分弱という
分析が出ています。

セッション数は少なくまだまだ頑張らなくてはいけませんが、直帰率の39%と
サイト滞在時間の6分は、悪くない数字です。

皆様のサイト訪問、本当にありがとうございます。

これから、「牛のよだれのように」根気よく皆様のニーズに応じられるサイト
に育てていきます。

根気よく改善〜改修を持続させて、お客様のお役に立てるサイトにしていくこ
とを宣言しちゃいます(もう逃げられません・・)!

          ☆:::::……‥マーケティング戦略に役立つサイト……‥:::::☆

          「札幌マーケティング事典」

           www.sapporo-marketing.com

……………………………………………………………………‥:::::::::::::::::::::::::☆☆☆

これから2週間以内を目処に、商品・サービスを完全公開する予定です。
どうぞよろしくお願いします。

それでは今週も、最後までお読み頂きありがとうございました。

  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

本メールマガジンの記事について無断転載はご遠慮ください。
Copyright(C)2010 Copyright escom all right reserved.



メールマガジンを購読する