第13号-[レポート] 景気後退期における広報宣伝のあり方-1

★——::::::::::———-::::::::::———-::::::::::———-::::::::::———-::::::::::———-::::::::::——★
:::–                                   –:::                                     
:::–  [伸びる樹木が如く]                         –:::
:::–   役に立つ身近な販売促進・マーケティング情報マガジン        –:::
:::–                       ー 2010.11.18 第13号 ー  –::: 
:::– –:::
★——::::::::::———-::::::::::———-::::::::::———-::::::::::———-::::::::::———-::::::::::——★

〈index〉

1.[コ ラ ム]   ビジネスメールの実態調査-2
2.[レポート]   景気後退期における広報宣伝のあり方-1
3.[ご 案 内]   冊子「プロモーション3.0」発行 !
4.[ブ ロ グ]   発展途上会社の社長ブログ
5.[編集後記]   メールにも心遣いを

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    [コ ラ ム] ビジネスメールの実態調査-2
  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

ビジネスメール教育の有限会社アイ・コミュニケーション社が「ビジネスメー
ルの実態調査2010」を発表しました。

今週は、先週に続きレポート第2弾(最終回)です。

テーマはビジネスメールの失敗体験

▽過去一年間で、メールの失敗はありますか?
・良くある :2.30%
・たまにある:54.23% ☆
・殆ど無い :37.73%
・全くない :5.74%

このアンケートの回答者の皆さんは優秀です。
自分は今でも(十分に注意しているつもりですが)たまにミスします。

▽前問で「良くある」「たまにある」と答えた方へ、その失敗内容は?
・添付ファイル付け忘れ:55.08%
・誤字脱字 :44.92%
・宛名間違い:27.41%
・言葉遣い :20.56%
・誤った件名:19.54%
・内容(本文)がわかりにくい:17.77%
以上、上位6件抜粋(複数回答可)

宛名間違いはちょっと深刻でしょうか・・

▽過去一年間で、メールを受け取って不快に感じた経験はありますか?
・良くある :7.89&
・たまにある:57.68% ☆
・殆ど無い :30.13%
・全くない :4.02%

過去受け取ったメールで不快に感じたことのある方が57% !
これは、怖い数字です。
絶対に気をつけなくては・・・

▽前問で「良くある」「たまにある」と答えた方へ、その不快の内容は?
・言葉遣い   :42.01%
・内容(本文)がわかりにくい:41.58%
・開封確認要求 :27.57%
・CCやBCCの使い方:22.32%
・誤字脱字   :19.26%
・返信が遅い  :19.04%
・敬語の使い方 :17.72%
以上、上位7件抜粋(複数回答可)

確かに、わかりにくい内容のメール、ありますね。

いかがでしたでしょうか?

たかがメール、されどメールです。

受け手の立場に立って、
心地よくわかりやすいメールを心掛けたいですね。

  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    [レポート] 景気後退期における広報宣伝のあり方-1
  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

日々お客様と接していますと、広告費に関しては非常に厳しい状況にあると感
じます。
いまさら当たり前ですが・・・・

では広告費は、無駄金・捨て金なのでしょうか?
或いは、「儲かっていれば税金を払うよりは良い」という程度の存在なのでし
ょうか?

「広告は将来への投資なのか、単なる経費なのか」

東海大学の小泉教授は、インターネットで「景気後退期における広報宣伝のあ
り方」というレポートを発表しています。

今週から3回に渡ってその内容を紹介させて頂きます。

= [ 景気後退期の広告費の増減が、その後の売上を左右 ] =

小泉氏は、過去の景気後退期の広告宣伝費とその後の売上高の相関関係を実証
的に分析し、「不況期に広告費を増やした企業は、いち早く業績低迷から脱出
する一方、広告費を減らした企業は業績回復に長い時間を要する」という結果
を明らかにした。

氏は、バブル崩壊後の91~93年度、ITバブル崩壊の2001年度の2度の景気後退
期における広告費の伸び率と売上高推移の関係を調査・分析した。

その結果、広告費を10%以上増やした企業は景気後退期でも堅調に売上を伸ば
しており、逆に広告費を削減・抑制した企業は売上高が長らく低迷していると
いう結果を得た。

特に、広告費を10%以上削減したグループは、売上高をもとの水準に戻すのに
6年もの年月を要しているようです。

更に留意する点として、「景気後退期2年目の削減」が非常に危険であるとも
警告しています。

逆にV字回復の企業は、景気後退期2年目にも前年同水準の広告費支出を維持し
ているそう。

画質が悪く恐縮なのですが、コチラの表もご参照ください。

「広告は将来への投資なのか、単なる経費なのか」

私が今この時期に、この様な分析をご紹介するのは少し嫌らしいでしょうか?

あえて申しますと、我々広告会社側にも大いに責任がありました。
広告枠を「売り物」として、売って歩いていたのは事実です。

反省は多々ありますが、それでも広告は決して不要なモノではないと確信して
います。

厳しい時に、あえて「将来への投資」という選択をされたお客様には、我々も
それなりの覚悟で挑ませて頂きます。

☆:::::……‥お知らせ……‥:::::☆

エスコムでは、
「WEB」「チラシ」を、より販促効果の高いツールへ改善するための無料診
断を行っております。

手前味噌ですが、お客様からも高い評価を頂いております。

「WEB・チラシ無料診断」

お申し込み・問い合わせ↓↓↓↓

……………………………………‥:::::::::::::::::::::::::☆☆☆

本レポートは、日経新聞社が2009年に行った、小泉眞人 東海大学教授への
インタビューとその紹介記事を参照にしています。

少し古いレポートですが、個々の業種・企業で「底が見えだした」今、それま
でのやり方が通用しなくなっている今だからこそ、お伝えするタイミングだと
判断しました。

皆様の参考になりましたら幸いです。

ありがとうございました。

  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    [ ご 案 内 ] 冊子「プロモーション3.0」発行 !
  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

販促企画に役立つレポート「プロモーション3.0」A4版フルカラー32ページ

おかげさまで、大好評です!

本メルマガの先週までの連載記事、
「効果の上がる[マーケティング&プロモーション] レポート」を一冊に纏めた
冊子で、図やデータを交えて、メールではお伝え仕切れない部分もカバーして
います。

・世の中は変わり、お客様も変わった
・業績が伸びている企業は何を大切にしているか?
・差別化の8要素
・不況期におさえておくべき売上の方程式
・不況期のマーケティングの基本

等々、必ずお役に立てると自負しています。

販促企画に役立つレポート「プロモーション3.0」は、無料です。

・・・100冊限定!!・・・

 ☆☆☆:::::::::::::::::::::::::…………………………………………………………‥‥‥

   ご希望の方は、こちらからお申し込みください。 ↓↓↓↓

    

 ……………………………………………………………‥:::::::::::::::::::::::::☆☆☆

WEBサイトからでも申し込み受付中!!

http://k.d.combzmail.jp/t/69cu/90vjefy0qgjoq213hm

お早めにお申し込みください!!

  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    [ブ ロ グ] 発展途上会社の社長ブログ
  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

長井伸樹の[ 発展途上会社のブログ ] 〜毎月30回更新中!!〜

http://k.d.combzmail.jp/t/69cu/90vjffy0qgjoq213hm

 ▼ 2010.11.17 スカイツリーのソラカラちゃん
http://k.d.combzmail.jp/t/69cu/90vjgfy0qgjoq213hm
 
 ▼ 2010.11.16 コンテンツ
http://k.d.combzmail.jp/t/69cu/90vjhfy0qgjoq213hm

 ▼ 2010.11.15 本質の追究
http://k.d.combzmail.jp/t/69cu/90vjify0qgjoq213hm

  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    [編集後記] メールにも心遣いを
  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

コラムで紹介させて頂いた内容は、有限会社アイ・コミュニケーションの平野
社長が行ったアンケート調査を抜粋しています。

平野社長曰く、「メールは要件が伝われば良い」というのは大きな誤解で、用
件のみのやりとりでは、冷たく感じたり、一方的な印象を受けたりするので要
注意とのこと。

=サンプル.1=

北海デザイン 札幌 花子様

お世話になっております。

前回制作をお願いしましたオリジナルのメモ帳ですが、
500個で追加注文をお願いします。

納品ですが、来週の金曜日までに納めて頂く事は可能でしょうか?

よろしくお願いします。

===============================

=サンプル.2=

北海デザイン 札幌 花子様

お世話になっております。

前回制作をお願いしましたオリジナルのメモ帳ですが、
500個で追加注文をお願いします。

ーー気遣い追加ーー
弊社のお客様にお配りしたところ、デザインが大変好評で
多くの方々からご希望を頂き、足りなくなってしまいました。
素晴らしいデザインをありがとうございました。
本当に感謝しています。
ーーーーーーーーー

納品ですが、来週の金曜日までに納めて頂く事は可能でしょうか?

よろしくお願いします。

===============================

いかがでしょうか?
平野氏は、ちょっとした気遣いが、仕事を進める上で重要だと言います。

私は常日頃より、多くのお客様から暖かいお気遣いを賜っておりまして、心か
ら感謝しております。

反面、自分が発注者の立場に立った時や部下に対しては、こういった気遣いが
甘く反省しております。

それでは今週も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

本メールマガジンの記事について無断転載はご遠慮ください。
Copyright(C)2010 Copyright escom all right reserved.



メールマガジンを購読する